浅井造型 逆襲ゴジラ 30cmサイズレジンキット

d0051422_111432.jpg

d0051422_121839.jpg
d0051422_123863.jpg
d0051422_131390.jpg
d0051422_133435.jpg
d0051422_14425.jpg
d0051422_143252.jpg
d0051422_144928.jpg
2001年春、浅井造型より怪獣フリークスシリーズ第6弾として発売された傑作キット。
第5弾として発売されたアンギラスと併せて「大阪蹂躪」と題されたジオラマも作成されています。
ジオラマの方はホビージャパン誌上でも掲載されていたので、眼にしたかたも多いでしょう。
アンギラスの方もまさに決定版と言える出来です。

私は金銭的にも置き場所も余裕が無いので、渋々逆ゴジの方だけ入手した次第です。
しかし、このサイズで2万強という価格を考えると造形のみならずコストパフォーマンスも
非常に高い良質なキットだと思います。

逆ゴジというと凶悪な横顔と比べてマヌケな正面顔も特徴の一つですが、
このキットはマヌケになり過ぎる一歩手前でうまい事処理されています。
とにかく顔面のゴツゴツ感は秀逸ですね。
ほんと、このキットについては誉めるとこばかりで欠点が見当たりません(^^)。
強いて言えば最近のキットにしてはパーツの合いが悪かったので加工が必要だった事ぐらいでしょうか。

今回は何の改造もせずに素組。
尾や足はこのサイズだと強度が心配なので真鍮線を補強に入れました。
接着は背びれを瞬着で行った以外は全てエポキシ接着剤で行ってます。
継ぎ目はいつものようにエポパテを盛ってモールドを再現、
背びれの根元はポリパテに瞬着を混ぜたもので継ぎ目を消しています。

逆ゴジの本当の体色は「赤黒かった」という話がありますが、
今回は映画のイメージを尊重してモノトーン塗装としました。
今回、使用したのはMRカラーのつや消し黒とつや消し白、クリアオレンジ。
ウォッシングに使ったエナメルのつや消し黒。眼球用に白、クリアー、スモークを少量だけです。

まずは全身にサーフェイサー吹き。発色を良くする為、肌色のサーフェイサーを吹いています。
1日良く乾燥させてから全体に基本色を吹きます。
基本色はつや消し黒3:つや消し白1:クリアオレンジ1の割合で混色。
クリアオレンジを混ぜるのは単純に黒と白を混ぜると青味が強いグレー
となるのでそれを緩和する為です。
MRカラーは特に青味が強くなるようで、
Vカラーやタミヤカラーですとクリアオレンジは少量でいいようです。

全身に基本色を吹いたら影になる部分に基本色+つや消し黒を、
ハイライト部には基本色+つや消し白を吹き付けます。
このあと基本色に白を足して明度を上げたものを全身にドライブラシしますが、
今回はドライブラシというよりウェットブラシ、凸部にかなり色を乗せる感じでメリハリをつけました。

さらに全体のトーンを落とすと同時に細部にもメリハリをつける為に
エナメルのフラットブラックでウォッシング。
塗りながら凸部についた塗料を布で拭き取っていきます。

充分、塗料が乾いたら全身につや消し剤を多めに混ぜた極薄い基本色を吹いてツヤを整えます。
背びれや爪ははつや消し白に基本色を少量混ぜた明るめのグレーを吹き付け。

眼球は単純に白で白目、スーパーブラックで黒目を塗った後、
エナメルのクリア、白、スモークを塗り重ねて黒目をぼかします。
逆ゴジはあまり黒目をはっきり書くとマヌケ面が強調されるので虚ろな感じになるようにしました。

(2002年9月)
[PR]
by pasin_web | 2012-07-28 01:05 | 逆襲ゴジラ

管理人の作ったゴジラガレージキットを展示してます。(画像をクリックすると大サイズで表示されます)


by pasin_web

プロフィールを見る

カテゴリ

初代ゴジラ
逆襲ゴジラ
キンゴジ
モスゴジ
決戦ゴジラ
大戦争ゴジラ
84ゴジラ
ビオゴジ
ギドゴジ
バトゴジ
デスゴジ
ミレゴジ系
GMKゴジラ
GFWゴジラ
シンゴジラ
オリジナルゴジラ
地底怪獣
昔の作品

Twitter

記事ランキング

検索