酒井ゆうじ ジャイガンティス

原型:酒井ゆうじ 20cmサイズレジンキャストキット
d0051422_1759710.jpg
d0051422_17592486.jpg

『ゴジラの逆襲』を全米公開するにあたってアメリカ側は新規撮り足しを行って、
全く別の映画『GAIGANTIS,THE FIRE MONSTER』として公開する予定でした。
その際、撮り足し用にアメリカサイドはアンギラスとゴジラのスーツを東宝に発注、
その時のゴジラスーツがこのジャイガンティス・ゴジラです。
残っているスナップ写真を見る限り、アンギラスは初代とほとんど見分けがつきませんが、
ジャイガンティスの方は逆襲ゴジラとはかなり異なる造形となってます。
逆ゴジからキンゴジまで7年のブランクがあったわけですが劇的な形態変化をつなぐ、
まさにミッシングリンクというべき造形となってます。

しかしこのスーツ、アメリカへ渡ったものの映画にも使われず、
残っているのは斜め横から撮られたスナップ写真のみ。
まさに幻のゴジラな訳ですが、たった一枚の写真から酒井ゆうじ氏は
立体造型物として見事に再現してしまいました。
現存する写真と同じアングルからは寸分違わぬ出来ですし、
正面も反対側からの見た印象も「なるほど、こうだったんだろうな」と思わせる素晴らしい説得力です。

初代の雛型を立体化したものも素晴らしい出来でしたが、
この手の事をやらせたら酒井氏の右に出る造型師はいないと思います。
d0051422_1811151.jpg
d0051422_1812188.jpg

特定のアングル、ポーズに似せる事が主題のキットですから
製作の方は特に改造なんかはしておりません。全くの素組みです。

塗装は今回、久々にアクリル塗料を使ってます。アクリル塗料は塗膜が弱く、
変なツヤが出やすいので私はレジンにもほとんど使ってなかったのですが
今回はネット上でコツを教わったのでチャレンジしてみました
手順はベースにタミヤのジャーマングレー、上からベース色が隠蔽されないように
薄くフラットアース、カーキを吹いて微妙にグラデーションをかけています。
シャドー部分はフラットアース+ジャーマングレー、
ハイライト部分はカーキ+デッキタンを吹き付けてます。

これだけではメリハリに欠けるのでエナメルのジャーマングレーを
シャブシャブにして凹部に溜まるようにウォッシング、
仕上げにラッカーのつや消しクリアースプレーを遠吹きしてコートしています。

この時、距離が近すぎたり、吹きすぎるとアクリルの塗膜が溶けてしまうのでご注意を。
実は今回、尻尾の部分で失敗してしまい塗り直すハメになってしまいました(^^;。
爪、背びれ、牙はデッキタンで眼は白目をデッキタン、黒目をジャーマングレーで塗っています。
黒目は仕上げにエナメルクリアーをボタッと落として完成です。

全体的な色味は付属のペインティングガイドに従ってセピア調に仕上げてみました。
タミヤのアクリルはグンゼのラッカーよりゴジラに合う色が多いのが魅力です、

このジャイガンティスは欧米人が入る予定だったので
2mというGMKゴジラに次ぐ大きさだったそうです。
予算の関係で撮り足し企画は没ったらしいですが動くところが見たかったですね。
(2002年10月)
d0051422_1855558.jpg

[PR]
by pasin_web | 2012-09-09 18:08 | 逆襲ゴジラ

管理人の作ったゴジラガレージキットを展示してます。(画像をクリックすると大サイズで表示されます)


by pasin_web

プロフィールを見る

カテゴリ

初代ゴジラ
逆襲ゴジラ
キンゴジ
モスゴジ
決戦ゴジラ
大戦争ゴジラ
84ゴジラ
ビオゴジ
ギドゴジ
バトゴジ
デスゴジ
ミレゴジ系
GMKゴジラ
GFWゴジラ
シンゴジラ
オリジナルゴジラ
地底怪獣
昔の作品

Twitter

記事ランキング

検索