カテゴリ:初代ゴジラ( 12 )

イノウエアーツ/怪物屋 55センチ初代ゴジラ

原型:井上雅夫、全高55センチ、レジンキャストキット

d0051422_20014095.jpg
d0051422_18414827.jpg
d0051422_18403017.jpg
全怪獣ガレージキットの最高峰、名作中の名作を2014年に怪物屋がリキャスト品として発売した。パラダイス、ファルシオンよりソフビキットとして相当数流通したため、造型自体は割とポピュラーだが、基となるレジン版は入手困難だったところへのリキャスト再発だったため話題になった。
やはりソフビとの差は顕著で大きさやモールド、全体的なボリューム感ははっきりと違いを感じる。特に頭部に対する目の大きさ、胴体から脚部のボリューム感、腕の太さなどは違いが目立つところである。
d0051422_18495099.jpg
d0051422_18594878.jpg
d0051422_19001782.jpg
d0051422_19010540.jpg
d0051422_19012750.jpg
このキットは元々尾が浮くポーズとなっているため、尻尾に支えを追加した以外は素組。いつものようにブレークリーンで洗浄後、スクラビングバブルとクレンザーで磨き洗い。塗装下地はガイアマルチプラーマーを筆塗後、エヴォサフのダークグレーを吹き付け。あとはMRカラーをベースに水性アクリルとエナメル塗料でドライブラシ、ウォッシングを繰り返してメリハリをつけています。途中、ガンメタルを吹き付けて質感を出しているのがポイント。今回はモノトーンにこだわって塗装しました。
d0051422_19095606.jpg
d0051422_19101083.jpg
d0051422_19112734.jpg
d0051422_19115998.jpg
d0051422_19122133.jpg
d0051422_19124613.jpg
d0051422_19130736.jpg
d0051422_19184338.jpg
d0051422_19145693.jpg

[PR]
by pasin_web | 2017-10-01 19:19 | 初代ゴジラ

怪獣王ゴジラ

酒井ゆうじ造型工房製レジンキャストキット。全高30cm。
d0051422_21430791.jpg
d0051422_21573497.jpg
d0051422_22063455.jpg
ゴジラドリーム150作目として、またゴジラ生誕60周年記念作品として2014年に発売、
ホビージャパン別冊『怪獣大進撃2014』の表紙を飾っている。
酒井氏は初代ゴジラを過去数多く作っているが、そのなかでも1,2を争う完成度。
”中島春雄の入った初ゴジのキグルミ”を忠実に再現した造形だと思う。
特に前方からの見た目の再現度が素晴らしい。
d0051422_22091036.jpg
d0051422_22085351.jpg
d0051422_22084248.jpg
d0051422_22071621.jpg
キットは素組。ブレーキクリーナーとクレンザーで洗浄後、マジックスムースで接着。
ポスターで良く見られる人工着色の茶系をイメージして塗装。
ガイアマルチプライマーを塗布後、MRカラーのレッドブラウン+ジャーマングレーをベースに
ファレホモデルカラーやアクリルガッシュといった水性塗料でドライブラシを重ね、
MRウェザリングカラーでウォッシング、パステルで汚しをかけている。
d0051422_22244754.jpg
d0051422_22243057.jpg
d0051422_22250333.jpg
d0051422_22251016.jpg
d0051422_22262007.jpg

[PR]
by pasin_web | 2017-04-24 22:28 | 初代ゴジラ

初代ゴジラ 電車咥え

原型:大山竜。仁工房製レジンキャストキット。全高32㎝、ベース込み全高35cm。
d0051422_02312410.jpg
d0051422_02320178.jpg
d0051422_02360029.jpg
2011年冬WFで発売されたレジンキャストキット。
有名なスチール写真をモチーフに、大山氏ならではの緻密かつ荒々しいディティールが
個性的なゴジラであるベースもコンパクトにまとめられており素晴らしいセット。
後に塗装済みソフビキットとしても発売されたが、ソフビの宿命でハードなディティールは
若干失われてしまった。

d0051422_02363847.jpg
d0051422_02370800.jpg
d0051422_02425294.jpg
d0051422_02434902.jpg

随分前に作ったのでレシピは忘れてしまいました。目は有名な生頼氏によるイラスト(東宝特撮全史のポスター)
をイメージして黄色+オレンジで着色しました。

d0051422_02444687.jpg
d0051422_02443374.jpg
d0051422_02440612.jpg
d0051422_02432717.jpg

[PR]
by pasin_web | 2017-02-18 03:20 | 初代ゴジラ

SHINZEN造型研究所 初代ゴジラLarge

原型:竹内信善。30cmサイズ・レジンキャストキット。(画像をクリックすると大サイズで表示されます)
d0051422_22462764.jpg
d0051422_22464753.jpg
d0051422_22465771.jpg
d0051422_2247624.jpg

ビオゴジに続くLargeシリーズの第2弾。シンゼンさんにしてはアレンジを抑えたどっしりと構えたポーズ。とはいえ、氏ならではの生物感も感じられ、ほかの初ゴジとは一味違う、個性的でカッコ良い造形となっている。
d0051422_22501071.jpg
d0051422_22502289.jpg
d0051422_22503692.jpg

今回は特に手は加えず、素組です。接着は全てマジックスムースを使用。尾を持って振り回しても大丈夫ですw
下地塗装はガイアノーツのサーフェイサーEvoのグレーとブラックを混色して使用。丁度、タミヤのジャーマングレーに似た色合いとなるのでゴジラの下地として使えます。また、サフがベースカラーとなるので手間も省けて一石二鳥です。色味はガイアノーツの三原色マゼンタ、シアン、イエローを薄く吹き重ねて深みを出しています。ドライブラシはアクリルガッシュを使用。パステルで汚しをかけた後、ウォッシングで色調を整え、仕上げにフラットクリアを吹いて完成です。背びれと爪はやや茶色がかったグレーを使用。目と口内は初ゴジなのであっさり目に仕上げました。
d0051422_2325173.jpg
d0051422_23526.jpg
d0051422_2351881.jpg
d0051422_2353310.jpg

[PR]
by pasin_web | 2016-03-18 23:07 | 初代ゴジラ

酒井ゆうじ 初ゴジひな型

酒井ゆうじ造型工房製20cmサイズレジンキャストキット
d0051422_23361394.jpg
d0051422_23363336.jpg
d0051422_2337816.jpg

残されている数枚の写真のみから忠実に立体化された素晴らしいガレージキット。発売から20年近く経っていますが未だにこれを超える初ゴジ雛形の立体物は出ていないんじゃないでしょうか。54年ゴジラの宣伝物に使われてたスチールは劇中で使用されたスーツより、このひな型をコラージュしたものが多く、こちらの方が初代ゴジラだと思っている人も多いかもしれません。
d0051422_23483871.jpg
d0051422_2349319.jpg

もともと粘土原型は巨大な頭部に魚のうろこ状の皮膚をしたものがファーストバージョンでセカンドバージョンはいぼ状の皮膚に頭部を小さくしたもの。この立体物は鱗をワニというかケロイドというか、良く知られるゴジラっぽい皮膚にしたサードバージョンとなります。当時の画像を見る限り、模型は結構巨大で50センチ以上あるように見えます。油粘土で造型されていたということなので今回はそれっぽく塗装してみました。

塗装はサーフェイサー塗布後、MRカラーのグリーン系を吹き重ね、シタデルカラーのブルーでウォッシング後にアクリルガッシュ各色をドライブラシして仕上げています。今回は粘土原型ということでウェザリングは気持ち程度に抑えました。
d0051422_23553790.jpg
d0051422_23554930.jpg

[PR]
by pasin_web | 2016-01-20 23:59 | 初代ゴジラ

30cm初代ゴジラ 酒井造型工房

(写真差し替えヴァージョン)
d0051422_1252327.jpg

d0051422_1144352.jpg
d0051422_1145687.jpg


酒井造型工房30cmレジンキャストキット。“時計塔襲撃単体バージョン”
バンプレストのプライズソフビで有名な造型ですが、やっぱりレジン版は
顔の作りからして違います。

d0051422_1152116.jpg
d0051422_1153371.jpg

d0051422_1255281.jpg

実はこのキット、塗装済みの状態で譲って頂いたものです。
今回はわざわざ塗装を剥がして組みなおして牙は新調しております。
塗装は基本グレーの中に色々な色が見え隠れするような感じで塗りました。
下地のブラックプライマーにレッドブラウン→ジャーマングレーと吹き重ね。
あとはドライブラシとウォッシングで青系、緑系、茶系を塗り重ねています。
かなり色々塗り重ねたので細かいレシピは忘れてしまいました。

初ゴジというとモノトーンの印象が強いと思いますが、
私の頭の中で初ゴジを天然色にするとしたらこんな感じです。

d0051422_1161265.jpg
d0051422_1261124.jpg
d0051422_1164140.jpg

d0051422_1175674.jpg


(2007年6月製作)
[PR]
by pasin_web | 2012-08-07 01:19 | 初代ゴジラ

ゴジラ 国会議事堂出現(単体)

酒井ゆうじ造型工房 20センチサイズキャストキット
d0051422_121299.jpg

d0051422_114917.jpg

<キット>
酒井ゆうじ氏が1999年に国会議事堂付きのジオラマキットとして発表した20cmサイズの初代ゴジラ。
私が入手したのはゴジラ単体で発売したバージョンのものです。
「怪獣大進撃8」で怪獣ガレージキット製作法のページにフューチャーされていたのが印象に残っています。

このサイズの初ゴジキットはかなりの数が世に出ていますが、個人的にはこれがベストだと思ってます。
国会議事堂襲撃シーンの有名なスチールを基に立体化してますからその角度(右斜め前)からの似具合は
勿論素晴らしいのですが、別の角度から見ても破綻することなくまとめあげられています。
酒井さんの初ゴジは何作かありますが、私はこれと48cmがフェバリットですね。
d0051422_1163081.jpg
d0051422_117552.jpg


<製作・塗装>
今回はサクッと作りたかったので普通に組んだだけです。
酒井工房のキットは離型剤も落としやすいし、パーツの合いも良いのでソフビより組み易いですね。

塗装はスチールを意識してモノトーンで塗装。ただ白と黒の塗料を使ったのでは深みが出ないので今回はちょっと変わった手順で塗装してます。

まずVカラーのつや消し黒+ライトブルー+クリアオレンジで茶色寄りの明るめのグレーを作って
エアブラシで吹きつけ。これを下地色としてエナメル塗料のウォッシングでトーンを落としていってます。
使ったのはタミヤエナメルのフラットブラックをベースにクリアオレンジ、ブラックグリーン、ジャーマングレー
ハルレッド等を混ぜて数回ウォッシング→拭き取り→フラットクリアー吹きつけを繰り返しました。
途中、隠し味でメタリック系も薄く吹き付けたりしています。

今回は白黒ゴジラを目指していたので口内や背びれは明度を変えたグレー系で仕上げています。
また映画を見ると初ゴジは多少、ぬめっとした感じがあるようなので、完全ツヤ消しとはせずに
所々半ツヤが残る感じにしました。
モノトーン塗装は基本色の設定とメリハリを付けるのが難しいのですが、イメージに近い仕上がりになりました。

d0051422_1183920.jpg

d0051422_1282997.jpg
d0051422_128574.jpg
d0051422_129788.jpg

(2005年2月 製作)
[PR]
by pasin_web | 2012-08-04 01:31 | 初代ゴジラ

マーメイド/マーミット 水爆大怪獣ゴジラ

原型:大石透 全高35cm レジンキャストキット
d0051422_2340259.jpg

d0051422_23405234.jpg

d0051422_23412532.jpg

2000年頃発売されたキット。ソフビ化された為、結構有名な初ゴジだと思います。
このキャスト版はソフビ版より一回り大きく、バランスも取れています。

このキットは例の有名なスチール写真の再現に特化した造形と言うことですが
個人的には顔周りが気に入らなかったので、顔面をいじり倒しました。
結果、下の写真のように全然違う顔になってしまいました。大石さんゴメンナサイ。
d0051422_23415537.jpg

d0051422_23421957.jpg

d0051422_2343625.jpg

塗装はオーソドックスに着ぐるみはこんな感じの色だったんだろう
という想像で明るめに塗っております。
発掘されたカラー写真を見るとキンゴジは明るめのグレーにゴムの茶系が混じった感じ。
初期のゴジラはみんな同じ色という自論を元に今回は塗装しました。

実に3年ぶりの完成品。はっきり言ってカンも鈍っており、完成までかなりの時間を要しました。
初ゴジの一般的なイメージから遠のいたかもしれませんが難産だっただけに愛着のある作品です。
d0051422_23435070.jpg

d0051422_2344554.jpg

d0051422_2344182.jpg

[PR]
by pasin_web | 2011-02-17 00:15 | 初代ゴジラ

ファルシオン初ゴジ

(画像をクリックすると大きいサイズで表示されます)
d0051422_21155385.jpg
d0051422_21171263.jpg
d0051422_21151978.jpg

原型:井上雅夫 全高50cmソフビキット
イノウエアーツ製レジンキャストキットをファルシオンがソフビ化した名作キット。
同一原型でパラダイスからもソフビキットが出ていますが、
やはりファルシオン製のほうが再現度は高いと思います。
(詳しい比較はこちらを参照

ファルシオン版は直接キャストを焼きだしてソフビの型を作ったというだけあって、
モールドが緻密でとてもソフビとは思えないざらざら感があります。
ソフトビニールキットとしては最高峰の品質じゃないでしょうか。
(それでもキャスト版とは別物なのは言うまでも無いのですが)
原型が全怪獣ガレージキットの最高峰=イノウエ初ゴジなだけに
ソフビでもその存在感は圧倒的。
私なんかこの造型のイメージが強すぎて、初ゴジというと
まずイノウエ初ゴジの姿が浮かぶ始末。
マルイのラジコンの原型にもなっているのでそういう方は意外に多いんじゃないでしょうか。
d0051422_21372833.jpg
d0051422_21381131.jpg
d0051422_21461672.jpg

製作はほとんど素組ですが、変形防止のために内部に発泡充填剤を注入しています。
今回はオーソドックスにモノトーンベースで塗ってみました。
初ゴジは若干ぬめっとしたイメージがあるので凹部はツヤ有にしています。
色々な色を使ったわけではないのであっさり塗っているように見えると思いますが、
実際は質感が際立つようにドライブラシ、ウォッシングを繰り返しました。
目線は例のスチールを意識して右目と左目は異なる視線にしています。

私の塗装はともかく・・・やっぱり惚れ惚れする素晴らしい造型ですねえ(^^)
d0051422_21391493.jpg
d0051422_2213118.jpg
d0051422_21384739.jpg

[PR]
by pasin_web | 2007-01-10 22:13 | 初代ゴジラ

ゴジラ S.29

<画像をクリックすると大きいサイズで表示されます>
d0051422_1115558.jpg
d0051422_1121247.jpg
d0051422_23434685.jpg

原型:山脇隆。全高24cmレジンキャストキット。

初代ゴジラでもなく、ゴジラ1954でもなく「ゴジラS.29」というネーミングが好きです(^^)
初ゴジの持つ不気味さをうまく表現した好キットだと思います。

製作にあたって、首周り~下顎と眼球を改造しております。
眼球はやるつもりが無かったんですが、ルーターで傷をつけてしまったのでやむをえず
ビーズ球に交換しました。結果、奥眼がちだったのが緩和されて良くなった気がします。
まあ、結果オーライということで(^^;
d0051422_1124057.jpg
d0051422_1125893.jpg

塗装はイノウエ初ゴジの井上氏直による完成品をイメージして塗ってみましたが・・・
試行錯誤の結果、俺流としかいえない色合いになっちゃいました(^^;
これはこれで気に入ってますが、次回はちゃんとイノウエ初ゴジでイノウエ塗りに
チャレンジしてみたいですね(^^;。
d0051422_2346170.jpg
d0051422_2346206.jpg
d0051422_23464269.jpg

[PR]
by pasin_web | 2006-01-08 23:50 | 初代ゴジラ

管理人の作ったゴジラガレージキットを展示してます。(画像をクリックすると大サイズで表示されます)


by pasin_web

プロフィールを見る

カテゴリ

初代ゴジラ
逆襲ゴジラ
キンゴジ
モスゴジ
決戦ゴジラ
大戦争ゴジラ
84ゴジラ
ビオゴジ
ギドゴジ
バトゴジ
デスゴジ
ミレゴジ系
GMKゴジラ
GFWゴジラ
シンゴジラ
オリジナルゴジラ
地底怪獣
昔の作品

Twitter

記事ランキング

検索