イマージュ GFWゴジラ

d0051422_22453583.jpg

d0051422_2255131.jpg

原型:小田雅一。全高21cmレジンキャストキット。

今のところ最後のゴジラ映画である「ゴジラファイナルウォーズ」。
映画の出来はともかく、使用されたゴジラスーツは歴代でもかなり出来が悪いと思います。
露骨な人間体型、貧弱な背びれ、ゴムっぽいデティール、横から見ると嘴のような吻部・・・
気になる点を上げ連ねればきりが無いですが、最後のゴジラとしては個人的に
大いに不満の残る造形でした。

そんなわけでGFWゴジラのキットを買うつもりは全く無かったんですが、
このイマージュさんのキットにはどこか心惹かれるものがありました。
基本ラインはスーツとそんなに変わらないものの、微妙なアレンジが心地良い。
スーツに顕著だった作り物感がうまく消されていると思います。
特に正面顔が私のお気に入り。

それでも気になる部分はある訳で、製作にあたって多少いじってます。
鳥っぽさを払拭するため、鼻筋を若干高く。背びれは5mmぐらいかさ上げして
ボリューム感を出しています。
d0051422_22465482.jpg
d0051422_22474641.jpg
d0051422_22482115.jpg

塗装はオーソドックスに濃紺系で仕上げてます。
いつものようにベース塗り→シャドー吹き→ハイライト→ウォッシング→パステルで汚し、
という段取りです。今回はリハビリも兼ねてるので変わったことはしてません。
サイズを感じさせないように気を使いましたが、至って普通の塗装です。
このキットはカイザーギドラ首つきベースが付属してますので、そちらも同じような
段取りで塗装しました。実際のカイザーギドラはもう少しダークトーンなんですが
やや派手めに塗装してます。
いつもゴジラばっかり塗ってるとギドラを塗るのが楽しかったりしますね。
近いうちギドラ一品物にもチャレンジしたくなりました(^^)
d0051422_22491898.jpg
d0051422_22495299.jpg
d0051422_2250209.jpg

[PR]
# by pasin_web | 2005-06-27 20:10 | GFWゴジラ

逆襲ゴジラ 海外版

T’sFacto製レジンキャストキット。全高22cm。原型:山脇隆
d0051422_22404190.jpg

d0051422_22442126.jpg
d0051422_22445759.jpg

いわゆる「ジャイガンティス」です。
『ゴジラの逆襲』を全米公開するにあたってアメリカ側は新規撮り足しを行って、
全く別の映画『GAIGANTIS,THE FIRE MONSTER』として公開する予定でした。
その際、撮り足し用にアメリカサイドはアンギラスとゴジラのスーツを東宝に発注、
その時のゴジラスーツがこのジャイガンティス・ゴジラです。
逆ゴジからキンゴジまで7年のブランクがあったわけですが、耳が無くなり
足指が4本から3本に減るという劇的な形態変化をつないだミッシングリンクというべき
造形ですね。
d0051422_2251674.jpg
d0051422_2251521.jpg
d0051422_22521875.jpg

このキットは唯一現存する数枚のスナップ写真を元に山脇氏がイメージを膨らました
イメージモデルともいえる作品です。
イノウエアーツの「踏ん張りキンゴジ」を思わせるポージングは躍動感に溢れ
もし映画が予定通り撮影されていたらこんなシーンもあったのでは?と思わせるものです。
造形自体も多少アレンジが入っているようでスナップのそれより尻尾は長くなっており、
背びれやモールドも鋭角になっていると思います。
d0051422_22532194.jpg
d0051422_22535342.jpg
d0051422_23103028.jpg

製作は基本的に素組ですが、私の好みで顎をルーターで削りこんでます。
いつものようにホルツのプラサフを吹いてMRカラーで塗装。
今回はエアブラシとエナメルウォッシング、パステルだけで仕上げました。
ドライブラシは全くしてませんが、モールドが深いのでメリハリ十分。
今回はキンゴジ風にグリーン系のトーンでまとめてみました。

しかし、ジャイガンティスって阿藤海に似てません?
d0051422_23105883.jpg
d0051422_2322610.jpg

[PR]
# by pasin_web | 2005-06-11 23:41 | 逆襲ゴジラ

GMKゴジラ 雛形

d0051422_2221553.jpg
d0051422_223415.jpg
d0051422_2234592.jpg
d0051422_2242235.jpg
d0051422_225469.jpg

アトリエG1から発売されたGMK雛形のソフビバージョン。
全高40cmに及ぶ巨大キットです。
GMK雛形は以前レジン版を製作した事があるので普通に作るのは
つまらないと思い、ポーズ変更、眼球の交換等を行ってます。

今回はスーツのイメージに近づけるため、尻尾を接地して仁王立ちのポーズに変更。
下半身は横につぶれていたので発泡ウレタンと角材でボリュームアップ。
首はそのままだと上に向き過ぎなので角度変更、首筋の延長を行いました。
又、変形防止のため首筋の辺りまで発泡剤を注入してます。
眼球はビーズ球に塩ビクリアのカバーを被せたものに変更して
あの独特な白目を再現してみました。

塗装も今回はスーツを再現する方向で行いました。
凹部に白が見え隠れするあの感じを再現するため、白に近いグレーを下地塗装。
その上から凹部の白を完全に覆わないように茶系、青系、緑系の各色を
エアブラシ&ドライブラシ。
決して「黒」は使わずに黒に近づけていきます。
長期に渡り色々吹き付けたので、細かいレシピは覚えてません(^^;。
爪、背びれはアイボリーは使わずグレー系のグラデーション塗装。
GMKゴジラの背びれは意外に明るい部分が少ないのでギリギリまで暗色塗装しています。
口内は赤紫系でウォッシング。
最後にパステルで汚しを加えてから、UVカットつや消しクリアでコートしました。

以前「ゴジラ展」で見た実物のGMKスーツに極力近づけたつもりです。
しかし、今回は難産でした。。。
d0051422_2261963.jpg
d0051422_2265999.jpg
d0051422_2274570.jpg
d0051422_2282229.jpg
d0051422_2294977.jpg


 コメント

パシンさん、完成お疲れ様でした(^^) 渇いた皮膚感や口内の生っぽさが生物感溢れる塗装でカッコイイですね。 GMKスーツは僕も実物を見たことありますが何とも言えない色合いですよね、こげ茶のようで青系のようで緑もうっすら見えるダークグレーというか、劇中ほど黒っぽくなかったのが僕の見た印象です。
2005/5/9(月) 午前 0:33 [ M.K ]

 すごかぁ~~
2005/5/9(月) 午後 4:12 [ hirano282828 ]

お久しぶりです。 つ、ついに完成されましたか! 本当にお疲れ様でした。 かなり、手を掛けられたようですが、その分凄みの利いた仕上がりになってますね! いやー、楽しみにしてたんですよ。 初ゴジ、84ゴジも書き込みできませんでしたが、凄かったです。 M.Kさんの言われるように、内部の生っぽさと外皮の乾いた硬質感が最高です! うーん、次はなにが来るか、楽しみです。 千でした。
2005/5/9(月) 午後 8:20 [ u7uman ]

レスさせて頂きます。・・・MKさんもスーツをご覧になりましたか。茶色のような緑のような不思議な色合いですよね。まあダークグレーと言ってしまえばそれまでなんですが、あの感じを塗装で出すのは苦労しました。・・・モスラ平野さん、ブログ開設したんですね。また感想お聞かせください。・・・千さん、外皮の乾いた硬質感・・・この感じを出すのに苦労しました。まあ行き当たりばったり(笑)で塗装を始めたんですが何とか思うような色合いは出せたと思ってます。
2005/5/9(月) 午後 11:29 [ pasinpasin ]


パシンさん、今晩は~ これはまた新しい試み、そしてそれを毎回上手く纏め上げてしまう技術は凄いっす。 実スーツは撮影を経てモールドにたまったホコリと幾度となく補修を重ねた事が絶妙に相成った結果だと思うのですが、見事に再現されていると思います。 足の特に甲の部分はスーツというより生っぽさも感じますね(^^) 御完成、お疲れさまでした。
2005/5/10(火) 午前 1:52 [ なおっぺ ]

なおっぺさん、どうもです。仰る通り、撮影終了後展示してあった実物のスーツを念頭に置いて塗装してますのでわざと汚くしてます(^^;昭和のゴジラなんかもっと汚かったと思うので今後は模型としての限界ギリギリまでチャレンジしたいですね。でも綺麗に塗る方が楽なんだよな・・・
2005/5/11(水) 午前 9:15 [ pasin ]


パシンさん、完成お疲れ様です。 僕も所有しているキットですので、ポーズ変更かなりご苦労があったのでは?でもこの体勢でまさに売られているような仕上がりですね。 塗装も劇中のイメージにぴったり。眼球も一枚カバーをかぶせると 深みがでるんですね。僕も白目だから塗装でいいやと思ってましたが 真似させていただきます。それにしてもGMKゴジラは格好良いですね。
2005/5/8(日) 午後 10:53 [ 鮫順 ]

鮫順さん、どうもです。ポーズ変更は付け根をかなりいじってます。塗装は光源によって違う色味が出るようにしました。でも画像は夜間撮影だったのでその辺うまく出てませんね。いずれ昼間に撮り足そうかと思ってます。眼球カバーはオススメですよ。塗装じゃ出せない深みが出ます。
2005/5/9(月) 午後 11:21 [ pasinpasin ]


なるほどー、クリアーカバーは全く違った質感で上手く表現されていますね、さすがです。それにポーズ替もご苦労されたと思いますがはまっています。 パシンさんの作品をギャラリーアップされる時は、自然光・室内蛍光灯下と区別した画像があるとその深み(?)みたいな部分が良く判って面白いかも知れません(^^)現物を見た事がある人間の意見です(笑) 完成ご苦労様でした。
2005/5/10(火) 午後 6:38 [ ゲンゴ ]

ゲンゴさん、こんにちは。いつもありがとうございます。・・・>自然光・室内蛍光灯下と区別した画像があると・・・なるほどそうですね。週末にでも追加で撮影してみます。深みが出るかどうかは謎ですが(汗
2005/5/11(水) 午前 9:19 [ パシン ]

[PR]
# by pasin_web | 2005-05-17 22:09 | GMKゴジラ

ビリケン商会 初ゴジ

全高27センチ ソフビキット
d0051422_2155535.jpg

d0051422_2163288.jpg


実はかなりスーツに忠実な造型なんですが、モールドが甘いため軽く見られがち。
凝った塗装をしても大して違いが無い仕上がりとなってしまうので
非常に個性が出しにくいというモデラー泣かせのキットです。
そのせいか作例も少ない気がします。

私も以前作った時は非常にのぺっとした仕上がりとなり、参りました。
今回、再チャレンジする気になったのはyasuuさんのブログにヒントを得たためです。
yasuuさんがバンプレ初ゴジに使っていたニッペ水性ホビーテラコッタ調
塗料がこのキットにも使えると思い試してみました。

おかげでかなりザラザラ感が出せたと思うんですがいかがでしょう。
塗装はVカラーの黒+ブラウンをベースに前述テラコッタを筆で叩くように上塗り。
一旦、つや消しクリアでコートしてから茶系のグレーを適宜吹き付けています。
今回はモノトーンではなくポスター等で見られる人工着色風にしました。
d0051422_2191074.jpg

d0051422_2195048.jpg

d0051422_2110274.jpg

d0051422_21105332.jpg
d0051422_2151398.jpg


コメント

パシンさん、完成お疲れ様ッス。(^ ^) 正直なところこのキット???な印象持ってましたが、スーツのたるみ感等上手く表現されたキットですね。 やっぱりパシンさん、色づかい上手いです。人工着色風の色合いっていざ塗装しようと思うと難しいんですよね。いやお見事、まいりました。m(_ _)m テラコッタ調塗料って塗料の食い付き等はいいのでしょうか。一度試してみたいですね。 ところでギャラリーβ版って。ギャラリーの容量が少なくなったとか。
2005/4/24(日) 午前 0:07 [ チャコ ]

早速のご来場、ありがとうございます。 やっぱり難しいキットでした。テラコッタ調の食いつきははっきり言って良くないです(泣 擦ったりするとポロポロ剥れますねぇ。 >ギャラリーβ版 こちらに移行したのは容量が少なくなったのと、ブログ形式だとレイアウトや画像のトリミングが楽だったからです。 コメントを直接付けれるという利点もありますね。 使い勝手、見易さ等皆さんのご意見をお聞かせください。
2005/4/24(日) 午後 0:41 [ pasinpasin ]


完成お疲れ様です。このキットは結構今でもどこにでも置いてあって 購入を見送りがちなんですが、パシンさんの作例を見ると俄然欲しくなりますね。皺の凹凸にキッチリとメリハリがついた色の選択がすごいですね。モールドの甘さも若干薄まりモールドが立っていると思います。 上から3枚目の写真はまさに「これぞ初ゴジ」という感じです。 完成お疲れ様でした。
2005/4/24(日) 午後 10:43 [ 鮫順 ]

今晩は~ HP観てビックリ、書き込みもオロオロしてエライ時間かかってしまいました(汗;) やっぱりいいな~私的なのですが、このキット、背びれが、もうチョイ大きければとか、余り好みではなかったのですが… パシンさんの色んな物に対応出来る懐の深い作例、お見事というしか!私も無理ですがこんな感じに塗ってみたいっす(^^ゞ 他の完成例では気が付かなかったのですが首筋のザラツキも、このテラコッタの効果なのでしょうか? 今後の作品、楽しみにしております。 御完成お疲れ様でした。
2005/4/25(月) 午前 1:29 [ なおっぺ ]

やっとこちら入れました(^^; >人工着色風に・・・ いやお見事です。頭の中でイメージする初ゴジのカラーってコレを連想される方は多いはずです。それをイヤラシさ無く上手く表現されている所は流石です。 しかしこの造形、アレンジも含めてほんとうによく似ています。完成ご苦労様でした。
2005/4/25(月) 午前 10:42 [ ゲンゴ ]

パシンさん、完成おめでとうございます。 この初ゴジ、不気味さの中にもかわいらしさが入ってて良いですね。 足や腹部のたるみ具合が実や正面顔の怒り狂ったかのような歪み具合もまた良い感じ(^^) 人工着色の色が良いですね製作、塗装についてはお見事の一言!! 気になってたモールドの浅さも皮膚のザラツキ感でそれほど気になりません。
2005/4/25(月) 午前 11:03 [ M.K ]

最近ご無沙汰して申訳ありません。 色々な塗り方を試す技術は毎度参考になります。 テラコッタ調まで試してしまうとは驚きです。 私の製作中の物は結構しっかり定着しています。 水性塗料なので、乾燥時間の問題かも判りません。 私の乾燥時間は約2ヶ月間位、現在まだ未完成(笑) 初ゴジの両眼黒眼の位置は、DVDおまけ?の初ゴジヘッドでは離れていませんね。 今後はヘッドと同じ位置にしようかと考えてしまいます。 いつも素晴しい作品拝見させて頂き有難う御座います。
2005/4/25(月) 午後 0:19 [ yasuu ]

皆さん、ありがとうございます。 改めて画像で見直すと不満な部分もあります。やっぱり難しいキットですわ(^^; >初ゴジヘッド そろそろ我が家にも届くところですが、画像で見る限り目の位置が真中に寄りすぎだと思いました。ヘッドの粘土原型段階ではそれほど寄って無いですから、ソフビ化にあたって不具合が生じたんじゃないかと思います。
2005/4/26(火) 午後 6:30 [ pasinpasin ]

おはようございます。♪ モスラ平野です。ゴジラで検索したらしっかりHITしましたですばい。先日は祝さん、てっちんさん、あいるさんと4名で映画みてきましたです。いや楽しかったですばい。
2005/5/3(火) 午前 9:51 [ hirano282828 ]
[PR]
# by pasin_web | 2005-05-17 21:16 | 初代ゴジラ

ゴジラ'92 海洋堂 28㎝ソフビキット

d0051422_161855.jpg
d0051422_172474.jpg
ゴジラvsモスラ公開時に発売されたキットですから10年以上販売されているロングセラー。
05年2月現在も海洋堂の方で入手可能です。
正直言って酒井さんの作品としてはイマイチかなぁと今まで思っていたので何年か前に購入して
そのままほったらかしにしていたんですが、合いそうなドールアイを入手したので作ってみました(^^;。

使用したドールアイはボークスのドルフィーアイ8ミリサイズ。色はゴールドなんたらというやつです。
以前、ビリケンバトゴジに使用したやつはもっと暗い色のブラウンなんたらだったんですが、
今回は黄色味の強いもの。やっぱりバトゴジにはこれぐらい明るい色のほうがしっくりきますね。

製作は基本的に素組ですが、補強のために尻尾の一部と下半身にレジンキャストを流し込んでます。

作ってみてから言うのもなんなんですが、このキットはこれぞ“平成ゴジラ”と言うべき威厳に満ち溢れてますね。
精悍な面構え、威風堂々の立ち姿・・・本当に良くバトゴジの特徴を掴んだ好キットだと思います。
d0051422_182769.jpg
d0051422_19974.jpg
d0051422_194882.jpg


塗装の方は造形美に相応しいスタンダードな平成ゴジラを目指して塗ってみました。
塗料は主にイリサワのVカラーを使用しています。

①まずは基本色としてフラットブラック+ブラウンをシャブシャブに薄めて凹部に浸透するように筆塗り。
②基本色をまんべんなくエアブラシで吹きつけ。
③次に基本色にフラットブラックを加えて吹きつけ。影になるところにシャドーを入れます。
④モールドを立たす為、基本色+モンスターブルーでドライブラシ。
⑤フラットブラック+シルバーを全身に薄吹き。更につや消しパールブルーを要所に吹いて青味を付けてます。
⑥口内は全体的にアイボリーで塗りつぶした後、ウォッシングで肉色にしていきます。
使用したのはMRカラーの赤+つや消し黒+クリアオレンジです。
⑦背びれと爪はアイボリー+ライトグレーを吹き付け。軽くホワイトパールを吹いた後
クリアーオレンジ+クリアブルーを薄吹きしてグラデーションを付けました。
⑧仕上げにパステルでドライブラシ&汚し塗装。この辺は気の向くままに。
最後にパステルを定着させるためつや消しクリアをサッと吹いて完成。
d0051422_111916.jpg
d0051422_1113960.jpg

d0051422_1122397.jpg
d0051422_1123642.jpg

私の場合、平成ゴジラは完全なつや消しでは無く所々ツヤがある印象を持っているので
そういうイメージで仕上げてみました。
全身の色味も照明によっては青っぽくも茶色っぽくも見える感じで塗装しました。
まずまず成功したと思ってます。

最初に書いた通り、ビリケンバトゴジには負けるなぁと思っていたんですが
眼をドールアイに変更しただけで見違えますね。スーツにはこっちの方が似てるんじゃないかな。
本当はドールアイも自作してみたかったんですがこのサイズじゃちょっと厳しい。
次回、平成ゴジラを作るときの課題にしたいと思ってます。

(2005/1/11にUPした記事です)
[PR]
# by pasin_web | 2005-01-11 00:00 | バトゴジ

管理人の作ったゴジラガレージキットを展示してます。(画像をクリックすると大サイズで表示されます)


by pasin_web

プロフィールを見る

カテゴリ

初代ゴジラ
逆襲ゴジラ
キンゴジ
モスゴジ
決戦ゴジラ
大戦争ゴジラ
84ゴジラ
ビオゴジ
ギドゴジ
バトゴジ
デスゴジ
ミレゴジ系
GMKゴジラ
GFWゴジラ
シンゴジラ
オリジナルゴジラ
地底怪獣
昔の作品

Twitter

記事ランキング

検索