韮沢靖イラストイメージゴジラ

T's Facto 25cmキャストキット 原型:山脇 隆
d0051422_171053.jpg
d0051422_173757.jpg


アトリエG1のフルアクションミレゴジキットの箱絵用にイラストレーターの韮澤靖氏が
起こしたイラスト(画像1)を山脇氏が立体化したというちょっとややこしいキット(^^;。
ご覧の通り、イラストをそのまま立体化した訳では無く、体型やポージングには
アレンジが加えられています。
d0051422_154827.jpg

韮澤氏はご存知の通り「ゴジラファイナルウォーズ」版ガイガンのデザインを手がけています。
その際、ガイガンと併せてゴジラのデザイン案も起こしていたらしく
劇場版豪華パンフレット付属のCDでその姿を確認できます(画像2)。
今回のキットはその辺のイメージも加味したそうで、ポージングもファイナルウォーズのポスター
も髣髴させるものとなってます。
個人的にはこの造型、非常に気に入っております。
“トラウマガメラ”ならぬ“トラウマゴジラ”と呼びたくなるような禍々しい面構え。
スパイキーな体表デティール、怒髪天をつくような背びれ・・・酒井ゴジラと比較しても
遜色無い魅力的なゴジラだと思います。
d0051422_183160.jpg
d0051422_185646.jpg
d0051422_1101024.jpg


今回も基本的には改造無しの素組です。
一点、右側の口元は切れ込みが足りない気がしたので多少手を加えました。

塗装の方は画像2のイメージも入れた形で塗ってみました。
サフはホルツのプライマー、塗料は主にクレオスMRカラーを使用。

まずは基本色としてフラットブラック+シルバー+つや消し剤をエアブラシ塗装。
デティールを際立たす為、ここでエナメルのブラックをウォッシング。
生乾きのうちにペトロールを使って凸部は布で軽く拭き取り。
胸部はイラストを参考にフラットレッドを吹き付け。

ところがイラスト通りに塗ったら違和感アリアリ。
色々悩んだ挙句、凸部を中心にドライブラシで基本色を乗せて
内部が赤くなっているように表現を和らげました(汗。
クリアパープル、クリアブルー、クリアグリーン等をシャドー、ハイライト等
要所要所に吹き付け。
再度エナメルのブラックでウォッシングして色調を整える。
半ツヤクリアを全身に万遍なく、薄吹きしてコーティング。
背びれは当初、ピンク系だったんですがこれも合わないのでオレンジ系に変更。
これまたイマイチだったので最終的には画像のようなイエロー系に落ち着きました(^^;。
口内はプライマー吹き付け後、アクリルのクリアレッドを筆ムラ
が出るくらい大まかに塗って乾いたら、クリアブルーでウォッシング。
最後にシンナーで牙をふき取りレジンの地色を出します。
思いっきり不気味な感じにしてみました。
爪もレジンの地色を生かす形で塗装。
まずプライマー吹き付け後、クリア+パールブルーを吹き付け。
次にダークブラウンで根元を中心にウォッシング。
適当に拭き取ったら、クリアオレンジ、クリアイエロー、パープル等を薄吹き。
パールが溶け出すようシンナーを多めにして吹き付けるのがポイント。
最後に基本色で指と爪の境界線をぼかして生物感を出す。
目玉はサフレス塗装。ここも当初、シルバー地にクリアレッドでイラストのような
赤目にしてみたんですが、迫力不足だったのでイエロー〜レッドのグラデーションになってます。
d0051422_111309.jpg
d0051422_1114053.jpg
d0051422_1114949.jpg
d0051422_1142036.jpg
d0051422_1161080.jpg


当初かなりエキセントリックなゴジラにする予定だったんですが、最終的には
胸が赤いぐらいで割と普通のゴジラになっちゃいましたねー(汗。
とはいえかなり自由に塗れる造型だと思いますので将来又違った形の塗装に
チャレンジしてみたいです。

しかし、このゴジラも基本的にはミレゴジがベースな訳ですからMASHさんがデザインした
基本ラインは非常に魅力的かつ可能性を秘めていた事がわかりますね。
GFWもこのゴジラだったら良かったのにと毎度のように愚痴る私でした(^^;;。

(2005/1/11)
[PR]
# by pasin_web | 2012-07-30 01:19 | ミレゴジ系

キンゴジ、NATO基地襲撃

d0051422_031326.jpg

d0051422_0315465.jpg

d0051422_0322030.jpg
d0051422_0323671.jpg
d0051422_0325535.jpg
d0051422_0331790.jpg
d0051422_0335677.jpg
d0051422_0341178.jpg
d0051422_034248.jpg
d0051422_035314.jpg
d0051422_035205.jpg
d0051422_0354353.jpg
d0051422_0361930.jpg

ジーンズ工房 32㎝キャストキット
ゴジラ原型:井上 雅夫
ゴジラ製作:パシン ジオラマ製作:ゲンゴ

[PR]
# by pasin_web | 2012-07-28 15:27 | キンゴジ

昔の作品 1

SHINZEN造形研究所 20cmGMKゴジラ
d0051422_172237.jpg

海洋堂 ゴジラ1954 リアルホビーサイズ
d0051422_183412.jpg

海洋堂 30センチモスゴジ 口開け改造
d0051422_1101045.jpg

パラダイス 井上ビオゴジ 50センチソフビ
d0051422_1105629.jpg

海洋堂 60センチ初ゴジ ソフビ
d0051422_1115095.jpg

d0051422_1124544.jpg

WAVE 踏ん張りキンゴジ ソフビ
d0051422_1135145.jpg
d0051422_1145516.jpg

KOC ミレゴジ イラストバージョン ソフビ
d0051422_116368.jpg
d0051422_1171377.jpg

[PR]
# by pasin_web | 2012-07-28 01:17 | 昔の作品

浅井造型 逆襲ゴジラ 30cmサイズレジンキット

d0051422_111432.jpg

d0051422_121839.jpg
d0051422_123863.jpg
d0051422_131390.jpg
d0051422_133435.jpg
d0051422_14425.jpg
d0051422_143252.jpg
d0051422_144928.jpg
2001年春、浅井造型より怪獣フリークスシリーズ第6弾として発売された傑作キット。
第5弾として発売されたアンギラスと併せて「大阪蹂躪」と題されたジオラマも作成されています。
ジオラマの方はホビージャパン誌上でも掲載されていたので、眼にしたかたも多いでしょう。
アンギラスの方もまさに決定版と言える出来です。

私は金銭的にも置き場所も余裕が無いので、渋々逆ゴジの方だけ入手した次第です。
しかし、このサイズで2万強という価格を考えると造形のみならずコストパフォーマンスも
非常に高い良質なキットだと思います。

逆ゴジというと凶悪な横顔と比べてマヌケな正面顔も特徴の一つですが、
このキットはマヌケになり過ぎる一歩手前でうまい事処理されています。
とにかく顔面のゴツゴツ感は秀逸ですね。
ほんと、このキットについては誉めるとこばかりで欠点が見当たりません(^^)。
強いて言えば最近のキットにしてはパーツの合いが悪かったので加工が必要だった事ぐらいでしょうか。

今回は何の改造もせずに素組。
尾や足はこのサイズだと強度が心配なので真鍮線を補強に入れました。
接着は背びれを瞬着で行った以外は全てエポキシ接着剤で行ってます。
継ぎ目はいつものようにエポパテを盛ってモールドを再現、
背びれの根元はポリパテに瞬着を混ぜたもので継ぎ目を消しています。

逆ゴジの本当の体色は「赤黒かった」という話がありますが、
今回は映画のイメージを尊重してモノトーン塗装としました。
今回、使用したのはMRカラーのつや消し黒とつや消し白、クリアオレンジ。
ウォッシングに使ったエナメルのつや消し黒。眼球用に白、クリアー、スモークを少量だけです。

まずは全身にサーフェイサー吹き。発色を良くする為、肌色のサーフェイサーを吹いています。
1日良く乾燥させてから全体に基本色を吹きます。
基本色はつや消し黒3:つや消し白1:クリアオレンジ1の割合で混色。
クリアオレンジを混ぜるのは単純に黒と白を混ぜると青味が強いグレー
となるのでそれを緩和する為です。
MRカラーは特に青味が強くなるようで、
Vカラーやタミヤカラーですとクリアオレンジは少量でいいようです。

全身に基本色を吹いたら影になる部分に基本色+つや消し黒を、
ハイライト部には基本色+つや消し白を吹き付けます。
このあと基本色に白を足して明度を上げたものを全身にドライブラシしますが、
今回はドライブラシというよりウェットブラシ、凸部にかなり色を乗せる感じでメリハリをつけました。

さらに全体のトーンを落とすと同時に細部にもメリハリをつける為に
エナメルのフラットブラックでウォッシング。
塗りながら凸部についた塗料を布で拭き取っていきます。

充分、塗料が乾いたら全身につや消し剤を多めに混ぜた極薄い基本色を吹いてツヤを整えます。
背びれや爪ははつや消し白に基本色を少量混ぜた明るめのグレーを吹き付け。

眼球は単純に白で白目、スーパーブラックで黒目を塗った後、
エナメルのクリア、白、スモークを塗り重ねて黒目をぼかします。
逆ゴジはあまり黒目をはっきり書くとマヌケ面が強調されるので虚ろな感じになるようにしました。

(2002年9月)
[PR]
# by pasin_web | 2012-07-28 01:05 | 逆襲ゴジラ

酒井ゆうじ 逆襲ゴジラ出現 単体版

d0051422_042552.jpg

d0051422_0433277.jpg
d0051422_0434489.jpg
d0051422_0435456.jpg
<逆襲ゴジラ>
前作「ゴジラ」の大ヒットを受けて製作された「ゴジラの逆襲」。半年と経たない製作だったがスーツは新造された。
恐らく前作のスーツが雑誌の企画で東京湾に沈められた為、新造せざるを得なかったのだろう。
新たに作られたスーツは通称「逆ゴジ」。アンギラスとの対決シーンがある為か、初ゴジよりかなり細身に作られている。
更に動き易いように役者の体型に合わせ、新素材のラテックスが使われた。体表はかなり荒っぽく(悪く言えばズタボロ)
マヌケな正面顔と合わせてこの辺りはかなり好悪がわかれるところである。
しかし、乱立する背びれ、突き出た牙、禍禍しい横顔は歴代最凶と評する声も多く、隠れファンは多い。

<キット>
酒井ゆうじ氏が出現シリーズとして巨大な岩山ジオラマとセットで発表。今回使用したのは単体売りされたバージョンである。
逆ゴジキットは昭和初期のゴジラの中では数も少なく、決定版と言えるものが無かったが、このキットは浅井造型のキット
と並び、決定版と言える出来。逆ゴジ特有の荒々しさを失わずににカッコ良さを強調した造型は流石である。
酒井氏は10年前にも逆ゴジを同サイズで造型しているが、スーツの再現度は格段に進歩していると思う。
今回キット製作に当たり、下顎の大きさが気になったのでルーターで削りサイズダウン。あとは素組しました。

<塗装>
今回はオーソドックスに口内以外はモノトーンで塗装。塗料は主にMRカラーを使用。
塗装の下地としてMRレジンプライマーを全身にスプレー。
基本色はかなり黒に近いダークグレー(つや消し黒+ガルグレー+フラットベースを混色)。
次にベース色を完全に塗りつぶさないようにつや消し黒+サンディブラウンやジャーマングレーを薄く吹き付け。
その後、明度を変えたダークグレーで3段階、ドライブラシ。
更に全体のトーンを落ち着かせる+凹凸のメリハリを付ける意味でエナメルのフラットブラックをウォッシング。
ハイライト部はペトロールを布に含ませて軽く拭き取り。
1昼夜良く乾かしてから、仕上げにラッカーつや消しクリアを全身にスプレーして全体のツヤを整えます。
手足の爪、背びれはつや消し白+ガルグレーを筆塗り。境界線は基本色をエアブラシでぼかし塗装。
目は普通に白を塗って、ジャーマングレーで瞳を書いています。仕上げにエナメルクリアでツヤ出し。
ここ最近、無いほどオーソドックスな塗装ですが、ポイントはウォッシングです。
ペトロールはタミヤのエナメルシンナーの様に変なツヤが出ないのでオススメです。
d0051422_0495048.jpg
d0051422_0503081.jpg
d0051422_049483.jpg
d0051422_0522047.jpg

[PR]
# by pasin_web | 2012-07-28 00:52 | 逆襲ゴジラ

管理人の作ったゴジラガレージキットを展示してます。(画像をクリックすると大サイズで表示されます)


by pasin_web

プロフィールを見る

カテゴリ

初代ゴジラ
逆襲ゴジラ
キンゴジ
モスゴジ
決戦ゴジラ
大戦争ゴジラ
84ゴジラ
ビオゴジ
ギドゴジ
バトゴジ
デスゴジ
ミレゴジ系
GMKゴジラ
GFWゴジラ
シンゴジラ
オリジナルゴジラ
地底怪獣
昔の作品

Twitter

記事ランキング

検索